【元気が出る言葉01】

アンドリュー・カーネギーさん
1835-1919。スコットランド生まれ。鉄鋼業による資産を文化向上のための慈善活動へと投じた米国人実業家。
ペンシルヴァニア鉄道などを経てカーネギー製鋼会社を設立し成功を収めた「天は自ら助くる者を助く」という考えのもと、学問の発展と普及のために1億2,500万ドルを投じてカーネギー財団を設立し、勤勉な貧しい若者に教育の機会を与える図書館の設置を進めた。全米各地に約1,700館、世界中に2,500館あまりの公共図書館を寄付した。

元気がでる言葉02へ